生産量や各種の増加に伴い、従来の生産管理システムでは徐々に煩雑を極めてまいりました。
そこで、首都大学東京・准教授 渋谷正弘先生のご協力を賜りながら、現行の「生産管理システム」を刷新することにしました。
 今回の新しい生産・管理システムは、主として製造リードタイムの短縮を狙いとし、
ワンランク上の「良い物を安く速くつくる」を目指したいと思っています。

進歩状況は、意見交換会とVTRによる現状データの収集が終了したところです。