実験台設備|木工製品|木工家具|スチール製品|理化学機器|ステンレス製品 
TEL

各種甲板(天板)

用途にあわせた甲板に対応

有限会社丸正製作所では、各種製品の用途、仕様にあわせた甲板をご提案いたします。甲板には、様々な種類と特性があります。

それらの素材の特性を理解し、様々な形やサイズに加工し製品化いたしますので、お気軽にご相談ください。

甲板の種類

セラミックス

セラミックスの甲板は、耐薬品性、耐熱性に優れた甲板です。
表面材は650~800℃の高温に耐えられます。
表面には、光触媒コーティングがほどこされており、防汚性能に加えて抗菌性能も兼ね備えた環境にやさしい製品です。

セラミックス

セラミック

セラミックス(断面図)

セラミック断面図

ケムサーフ

高い耐薬品性を有し多種の薬品を使用する実験に最適です。
実験台の甲板に多く使われており、耐熱温度は180℃です。
フラッシュ構造で、芯材の集成材を垂直に使用することにより、反りに強い構造となっております。

ケムサーフ

ケムサーフ

ケムサーフ(断面図)

ケムサーフ断面図

メラミン

大量生産される材料として、均一性に優れ色彩も豊富です。
ただし、吸水性もなく、濃硫酸や塩素に弱く、耐熱性も120℃まで。高熱には耐えられません。
火気を使用しない実験や物理実験などに適した素材です。

メラミン

メラミン

メラミン(断面図)

メラミン断面図

ステンレス

衝撃に強く、耐水性に優れた素材です。
塩素の薬品には侵食されやすいのですが、溶剤には比較的安定しています。
無菌・無塵が要求される実験室に適しています。

ステンレス

ステンレス

ステンレス(断面図)

ステンレス断面図

甲板の耐薬品性比較

下記は耐薬品性の比較表です。素材によってその耐薬品性が異なります。

※モバイル端末でご覧の方は、横スクロールで閲覧してください。

薬品

硫酸

塩酸

硝酸

りん酸

弗化水素酸

王水

クローム酸混液

混酸(硫酸塩酸)

温酸(硫酸塩酸)

苛性ソーダ

アンモニア水

酢酸

クエン酸

アニリン

アセトン

ベンゼン

温マンガン酸カリ

硝酸銀

濃度

10 98 25 35 20 60 20 50 20 25 1:1 1:1 30 28 20 30 飽和液

セラミックス

ケムサーフ

メラミン

ステンレス

☆テスト方法 試薬板に試験液を滴下して4時間後に水洗し、自然乾燥後、表面の変化を評価。

◎変化なし ◯わずかに変色 △明らかな変色 ☓膨れ、はがれなど侵食あり

お問い合わせフォーム